J2栃木SCは28日、カンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で岡山と対戦、0-2で敗れ開幕戦勝利を逃した。

 栃木SCはMF上田康太ら5人の新戦力が先発し、4-4-2の布陣で臨んだ。一進一退の攻防が続いた中、前半23分に自陣左サイドからのクロスをブロックにいった面矢がハンドを取られ、PKで先制点を献上。0-1で前半を折り返した。

 後半は開始からボール支配率で上回るもフィニッシュにつなげられず、30分に2失点目。MFジュニーニョ、FW矢野貴章らを投入したが、最後までゴールを奪えなかった。

 次節は3月7日午後2時から、同会場で秋田と対戦する。