栃木労働局が2日発表した1月の県内有効求人倍率(季節調整値)は1.06倍で前月を0.09ポイント上回った。3カ月連続で上昇した。

 国の緊急事態宣言による外出自粛の影響で人の動きが鈍化したため求職者数が減少したほか、求人数の増加が影響した。