五分咲きとなったロウバイ

 日光市今市の如来寺でロウバイが五分咲きとなり、甘い香りを漂わす小さな黄色い花が境内を彩っている。見頃は今月中旬まで。

 境内の庭園に6~7年前に苗木1本を植え、高さ3メートルほどに育った。今年は例年と同じく2月初旬に開花したという。桑門秀光(くわかどしゅうこう)住職(59)は「新型コロナウイルス禍で気分が落ち込む中、庭園の花を見て1人でも多くの人が心を癒やしてもらえれば」と話した。

 境内では今月中旬にシダレウメが、同下旬にヤシオツツジが見頃を迎えるという。