県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(7日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(7日発表)

 栃木県と宇都宮市は7日、新たに計24人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市内の保育施設で同日までに職員と園児の6人が感染し、県内50例目のクラスター(感染者集団)となった。変異株感染も新たに6人確認された。県内の累計感染者数は4825人となった。

 県の警戒度は現在「ステージ2.5」(厳重警戒)だが、病床使用率は25.2%(6日現在)となり、3月30日以降はステージ3(感染急増)の数値を超えている。直近1週間の人口10万人当たりの療養者数も12.8人で、ステージ3(15人以上)に迫りつつある。

 クラスターが発生した保育施設では4~6日に職員3人の感染が判明し、7日に園児3人が陽性となった。同日までに全園児と職員の検査を実施した。

 変異株感染者は、これまでに陽性となった10歳未満~40代の男女。いずれも「N501Y」という変異で、別の変異株感染者と接触があった。県が発表している県内在住者の変異株感染者は計26人となった。

 新規感染者は10歳未満~70代の男女。居住地別では宇都宮市9人、小山市6人、栃木市、矢板市各2人、足利市、佐野市、鹿沼市、野木町、県外各1人。

 県と宇都宮市は7日、計120件検査(委託分は未集計)。累計検査件数は17万9375件、退院者4578人、入院者90人、宿泊療養者118人、自宅療養者24人、入院調整中15人、重症者2人。