見頃を迎えているシダレザクラ

見頃を迎えているシダレザクラ

見頃を迎えているシダレザクラ 見頃を迎えているシダレザクラ

 栃木県日光市本町の日光田母沢御用邸記念公園で7日、樹齢約400年のシダレザクラがほぼ満開となった。

 庭園にあるシダレザクラは、市天然記念物で高さ約15メートル。今年は例年に比べ1週間ほど早く開花した。同公園管理事務所によると、見頃は来週まで続くとみられる。同事務所は「庭園に咲き誇る桜を見て心を癒やしてほしい」としている。

 開花に合わせて御用邸内から見える桜を楽しんでもらうため、通常は非公開の「御日拝所(ごにっぱいじょ)」が9日まで開放されている。10日からは、大正天皇の妻貞明(ていめい)皇后が使用した「皇后御学問所」が特別公開される。

 (問)同事務所0288・53・6767。