夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場

夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場

夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場

夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場 夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場 夜桜とジャズを楽しんだ「SAKURAフェス」の会場

 【栃木】大平地域のまちづくり実働組織「大平わいわいテラス」は3日夕、大平町西山田のかかしの里で「SAKURAフェス2021」を開いた。来場者は1日限定ライトアップの桜と音楽演奏を楽しんだ。

 この日は日中に別なイベントも開かれ、同フェスと合わせて約1500人が来場した。午後4時からのフェスでは、桜の花びらが舞う広場に来場者が思い思いに座り、ジャズバンドの演奏などを楽しんだ。

 フェスは市大平運動公園で開かれる「おおひら桜まつり」を盛り上げようと2019年に開始。昨年は新型コロナウイルス禍で中止となった。今年は入り口での検温や、ステージがある会場と飲食ブースを分けるなど、感染防止対策を講じて開催にこぎ着けた。

 河合町、パート従業員加藤靖子(かとうやすこ)さん(35)は「ジャズと夜桜の雰囲気がおしゃれだった」と笑顔を見せた。