水沼尚輝

 競泳の東京五輪代表選考を兼ねる第97回日本選手権大会第7日は9日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、男子100メートルバタフライは真岡市出身の水沼尚輝(24)=新潟医療福祉大職員=が51秒03の自己ベストで派遣標準記録(51秒70)を上回って優勝し、初の五輪出場を決めた。県勢の五輪出場内定者は7人目、競泳では2種目で内定した萩野公介(小山市出身、ブリヂストン)に続き2人目。