5回、栃木GB・村中(右奥)の処理した投ゴロのボールが神奈川・青木(左)に当たって逸れ、先制点を奪われる=県営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は10日、県営球場で今季ホーム開幕戦を戦い、神奈川に3-8で敗れた。通算成績は1勝2敗。

 栃木GBは先発の村中恭兵が5回を2失点で切り抜けたが、終盤に6点を失い突き放された。打線は若松聖覇、石川慧亮の適時打などで3得点。一、七回以外は毎回走者を出しながら好機で一本が出なかった。

 次戦は11日午後1時から、平塚球場で神奈川と対戦する。