明治安田J2第7節最終日は11日、各地で6試合を行い、栃木SCは県グリーンスタジアムで相模原と対戦、0-0の引き分けで連勝は3でストップした。通算成績は3勝1分け3敗の勝ち点10。

 3試合連続で同じ先発メンバーで臨んだ栃木SC。13分のFW矢野貴章(やのきしょう)のヘディングシュートは枠の上。直後もカウンターでFWジュニーニョが相手ゴールに迫ったがフィニッシュには至らなかった。

 後半は開始直後から攻勢をかけたが14分の矢野、25分のMF山本廉(やまもとれん)のシュートが不発に終わるなど決定機を生かせなかった。苦しい展開の中、守備では各選手が体を張り2試合連続無失点に抑えて勝ち点1を手にした。