記者会見を開き、現役引退を発表した海老沼匡=15日午前、東京都内

 柔道の2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪2大会連続銅メダリストで小山市出身の海老沼匡(31)が15日、都内で記者会見を開き、現役引退を発表した。

 今後は所属するパーク24でコーチに就任する予定。海老沼は「五輪で金メダルを取れなかったので満足はしていないが、後悔はない」と心境を語った。

 昨秋の講道館杯全日本柔道体重別選手権大会決勝で敗れたことで「世界選手権や国際大会で活躍することは厳しいと感じた」と引退理由を説明。「たくさんの人に支えていただいて柔道を全うできたことをうれしく思うし、誇りに思う」と感謝した。