八溝の山並みを背景に大輪の花を咲かせて魅了するボタン=22日午前11時25分、大田原市湯津上

 栃木県大田原市湯津上の「富士ぼたん園」で百花の王などと称されるボタンが大輪の花を咲かせ、来園者を魅了している。

 約3ヘクタールの傾斜地に250種、1万株が植えられ、開花したのは3割ほど。純白のドレスを思わせるような「天衣」や高貴な雰囲気が漂う「島大臣」、紅白の混在模様があでやかな「島錦」などが見頃を迎え、ツツジと競うように園内を彩る。22日は、展望台から東側に八溝の山並みを見渡しながら、新緑と美しいコントラストを楽しむ来園者の姿が見られた。

 園主の古森幸一(こもりこういち)さん(85)は「これから花が咲く品種もありますが、大型連休中までが見頃でしょう」と話している。