逆転負けを喫し肩を落とす栃木SCの選手たち=カンセキスタジアムとちぎ

 J2栃木SCは5日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで北九州と対戦、1-2で逆転負けを喫した。2連敗で通算3勝4分け5敗、勝ち点13で順位は16位に後退した。

 栃木SCは前半25分に敵陣でボールを奪い、そのままゴール前まで持ち込んだFW矢野貴章が先制点を決めた。しかし、後半14分にペナルティーエリア手前で与えたFKを直接決められ追い付かれると、後半ロスタイムに途中出場の相手FWに決勝ゴールを許した。