【那須塩原】渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長は7日、臨時記者会見を開き、高齢者向け新型コロナワクチン接種について、6月中旬にかかりつけ医などによる個別接種を新たに開始すると発表した。23日、本格的に始まる集団接種と併せ、7月末には2回の接種が完了するという。

 市は当初、個別接種は行わず、集団接種を9月までに行う方針だった。国から7月末までに高齢者向け接種を完了するよう要請があったため計画を変更した。

 高齢者向けの集団接種予約は6日に始まり、受け付け上限8040件の予約が半日で埋まった。想定より早く予約終了したことに対して、渡辺市長は会見で「おわび申し上げる」と謝罪。「希望する高齢者全員が、7月末までにワクチン接種できるよう、全力で取り組む」と述べた。

 市は現在、市内47医療機関に個別接種への協力を呼び掛けている。集団接種を予約していない高齢者約2万人には、個別接種の案内を今月中旬に郵送するという。