【足利】市は7日までに、市内の65歳以上の高齢者約4万8千人に接種する新型コロナワクチンについて、6月末までに全員が2回接種できる量を国から供給される見通しになったと発表した。

 14日から、75歳以上を対象とした第1期接種期間(23日~6月19日)の予約が電話とインターネットで始まる。市新型コロナウイルス感染症対策室は「希望する全ての高齢者に接種できる見通しになったので、一時的に予約が取りにくいことがあっても、慌てず、落ち着いて対応してほしい」と呼び掛けている。

 第1期接種期間は、(1)市老人福祉センター東幸楽荘(2)西幸楽荘(3)旧南幸楽荘(4)市医師会館(5)足利地場産センター-の5カ所を会場に設定している。

 月曜を除く毎日、集団接種を行い、一部2回目を含む最大1万2240回の接種を計画している。