サッカーJ2第14節の栃木SCは15日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで琉球と対戦、今季最多失点となる2-4で敗れた。8試合連続で白星がなく、通算成績は3勝5分け6敗、勝ち点14のままで17位に後退した。

 栃木SCは前半3分、CKをDF乾大知が頭で合わせて先制。その後に逆転を許したが、45分にMF西谷優希が決めて追い付いた。しかし、攻撃が手詰まりになった後半に2失点を喫した。