立憲民主党県連定期大会で、次期衆院選での必勝を誓う公認候補者ら=15日午前、宇都宮市内

 立憲民主党栃木県連は15日、宇都宮市内で第2回定期大会を開いた。県連所属の県議、市町議、支援者ら約200人が出席し、次期衆院選での必勝を誓った。

 県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員はあいさつで政府の新型コロナウイルス感染症対策について「全てが後手後手」と批判し、「自民党にできない経済政策を打ち出すことが政権交代への第一歩。より多くの同志が勝利し、政権交代の道筋をつくる総選挙にしたい」と意欲を見せた。

 党本部の枝野幸男(えだのゆきお)代表がオンラインで参加し、衆院解散・総選挙の時期について「早ければ6月解散、7月総選挙の可能性が残っている」と述べた。さらに「政府は危機感が足りない。この状況を変えるのは私たちの役割」と政権交代の必要性を訴えた。

 大会では次期衆院選を見据えた特別決議や活動計画などを承認した。衆院選栃木1~4区の公認候補による決意表明も行われた。来賓として連合栃木の吉成剛(よしなりつよし)会長らが出席した。