花咲徳栄に敗れて肩を落とす佐野日大ナイン=16日午後、山梨県富士吉田市の富士北麓公園野球場

浦和学院に敗れ、ベンチに引き上げる作新ナイン=山日YBS球場

花咲徳栄に敗れて肩を落とす佐野日大ナイン=16日午後、山梨県富士吉田市の富士北麓公園野球場 浦和学院に敗れ、ベンチに引き上げる作新ナイン=山日YBS球場

 第73回春季関東地区高校野球大会第2日は16日、山梨県内で2回戦を行い、佐野日大(栃木1位)は花咲徳栄(埼玉2位)に4-7で敗れた。作新学院(栃木2位)も浦和学院(埼玉1位)に1-8で七回コールド負けし、県勢は2回戦で姿を消した。

 佐野日大は初回に大関日和の適時内野安打で1点を先制したが、直後に相手の打者一巡の猛攻を受け4失点。替わった斎藤怜も3失点してリードを広げられた。

 二回以降得点を挙げられずにいた打線は、八回に岡佐昌樹の左前適時打で1得点、九回も増山渉太主将の右前適時打などで2点を返したが反撃はそこまでだった。

 作新学院は二回、先発した井上力斗が6安打を浴び5点を献上。四回にさらに1点を追加され、2番手の林拓希も味方の失策も絡み2失点と踏ん張れなかった。打線は六回、相場秀三、小口莉央、井上の3連打で1点を返したが、反撃は続かなかった。