咲き始めたオオヤマレンゲ

 【宇都宮】大谷町、主婦松島久子(まつしまひさこ)さん(81)方でオオヤマレンゲが純白の花を咲かせている。

 モクレン科の落葉低木で茶席に飾る花として知られる。ハスに似た形でやや下向きに咲き、香りもある。茶道をたしなんでいた松島さんの義姉が約20年前に植え、松島さんが大切に育ててきた。木にはつぼみも多く付いている。

 新型コロナウイルス禍で一般公開はしていないが、松島さんは「かれんな花の寿命は数日程度。清涼感のあるきれいな花を見ていると、気持ちがいいんです」と癒やされている。