自治医大(下野市薬師寺)は17日、寮生活をする医学部の学生5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症化しておらず、自治医大付属病院の関係者への感染拡大も確認されていない。

 大学によると、14日に学生1人に38度台の発熱があり、学内の簡易PCR検査で陽性と確認した。感染した学生と接触があった学生検査し、そこで陽性となった学生の接触者をさらに検査することを繰り返して約80人を検査した結果、17日までに5人の感染を確認した。

 5人の感染経路は不明。大学は当面、授業を対面からオンラインに切り替える。