大貫生活安全部長(左)から感謝状を受け取った藤本さん

大貫生活安全部長(左)から感謝状を受け取る藤本さん

大貫生活安全部長(左)から感謝状を受け取った藤本さん 大貫生活安全部長(左)から感謝状を受け取る藤本さん

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして栃木県警生活安全企画課は15日、白鴎大本キャンパス(小山市)で、同大経営学部1年藤本壮(ふじもとそう)さん(19)に感謝状を贈呈した。

 藤本さんは5月21日午後、JR小山駅前で80代男性に「公衆電話を探している」と声を掛けられた。高齢の男性に配慮し、通話相手の声が大きく聞こえるよう設定した携帯電話を貸したところ、しつこく「公衆電話からかけろ」と話す相手の声が聞こえた。

 男性に話を聞くと「息子と話している」などと答えたため詐欺を疑い、男性から聞き出した本当の息子の電話番号に電話して詐欺が判明した。

 「正義感よりも反射的に動いてしまった。男性が被害に遭わなくてよかった」と藤本さん。県警の大貫良之(おおぬきよしゆき)生活安全部長は「路上で被害を防ぐのは大変珍しい。模範的な対応で感謝している」と話した。