自らが作詞、作曲した獨協医大の応援歌を指揮する小林亜星さん(右)=2013年4月、宇都宮市内

「亡くなっても、楽曲は聴く人の中で生き続ける」-。