見頃を迎えた「つがの里」のハス

見頃を迎えた「つがの里」のハス

見頃を迎えた「つがの里」のハス

見頃を迎えた「つがの里」のハス 見頃を迎えた「つがの里」のハス 見頃を迎えた「つがの里」のハス

 栃木県栃木市都賀町臼久保の公園「つがの里」で薄桃色のハスが咲き始め、多くの見物客が訪れている。

 園内のハス池約2千平方メートルには、3千本ほどのハスがある。市によると今週末から来週にかけて見頃のピークを迎える見込み。7月上旬まで楽しめるという。

 ハスは夜明けとともに直径約30センチの花が開く。昼ごろにはしぼむ。梅雨の晴れ間が見られた17日朝は、大輪の花を写真に収めようと、多くのカメラマンらが池の周囲に並んだ。

 大皆川町、会社員巻島一雄(まきしまかずお)さん(68)は「まだつぼみも多いが、薄いピンク色がきれいだ」と話した。