カンセキスタジアムとちぎ

 県は23日、東京五輪に出場するハンガリーのテコンドー・陸上の両選手団が7月、宇都宮市内で事前キャンプを実施することになったと発表した。現時点での両選手団の規模は34人。

 県によると、テコンドーは選手1人とコーチ2人が7月8~20日、宇都宮市のユウケイ武道館やカンセキスタジアムとちぎ内のトレーニング室を利用する。

 陸上は選手19人とコーチら12人が7月20~29日、同スタジアム競技場や投てき場、日環アリーナ栃木の屋内水泳場などを使用する。

 県はハンガリーのホストタウンに登録し、キャンプ誘致の交渉を続けていた。