巣穴を開けた幹に止まるアオゲラの雌(逆川保育園撮影の動画から)

 【茂木】飯(いい)の逆川保育園の園庭隅の木に、キツツキの一種アオゲラが営巣し、園児たちに見守られている。

 巣穴は、太さ30センチほどの桜の幹の地上3メートルほどに、園庭に向かって直径5~6センチの大きさで丸く開けてある。6月21日、木の下に木くずが落ちているのを保育士が不審に思い、上を見上げて気付いた。

 暗緑色の背中、腹には横じまがあり、頭は赤い。三脚を立てて園が動画を撮影したところ、2羽いることが分かった。今月6日に画像を見た鳥の専門家は「雄と雌。抱卵中だろう」と話した。

 6月26日には巣がある木の太い枝を切って整えたため心配されたが、アオゲラは巣を放棄せず、時折巣穴から顔を出して辺りをうかがう様子が見られた。巣穴は園庭の滑り台のすぐ近く。「年長の子たちは様子を気に掛けて時折そっと観察している」という。

 日本野鳥の会県支部は「ここでは人慣れしているようだが、子育てを放棄することがあるので、巣穴を見つけたらむやみに近づかないことが肝要」としている。