済生会宇都宮病院(宇都宮市竹林町)に8月開設される新型コロナウイルスワクチン接種会場で、初回予約(5~8日)の計408人分の接種枠がわずか数分で埋まったことが30日、県への取材で分かった。

 県担当者は「接種券があれば年代に関係なく予約できる点で需要が高いのではないか」とみている。

 同病院の接種会場は県、宇都宮市との連携型で5日に開設される。初回予約の受け付けは29日朝から専用サイトで始めたが、すぐにいっぱいとなった。2回目以降の予約は8月4日から順次、受け付ける。

 また、とちぎ健康の森(同市駒生町)に設置した県営会場で1日から始まる64歳以下対象の初回受け付けも、約1200人分が数分で終了した。