» 動画ページへ

総合運動公園の西側に新たに設置されたバス停=1日午前10時50分、宇都宮市西川田4丁目

 宇都宮市の県総合運動公園西側に設置された新たなバス停「総合運動公園西」が1日から供用開始となり、記念オープニングイベントが行われた。

 JR宇都宮駅との間を走る関東バスが乗り入れる。とちのきファミリーランドやカンセキスタジアムとちぎに近く、利用者の利便性向上が期待される。

 公園事務所によると、4月に着工し、7月21日に完成。北西に位置する「環状交差点」(ラウンドアバウト)と合わせて建設工事費は約1億1600万円。

 体験乗車の小学生15人を乗せたバスが新バス停に到着し、オープニングイベントがスタート。くす玉割りや記念写真撮影などで供用開始を祝った。

 上三川町上郷、鶴見日向大(つるみひなた)君(8)はサッカーJ2栃木SCのファン。「今度はバスでスタジアムに来てみたい」と話していた。