島田千熙君、龍熙君兄弟が見つけたピンク色のバッタ

 【高根沢】大谷、無職小林敏夫(こばやしとしお)さん(68)方の庭でピンク色のショウリョウバッタが見つかった。

 小林さんの孫で小学6年の島田千熙(しまだちひろ)君(11)と3年の龍熙(りゅうき)君(8)兄弟が7月30日、昆虫採集しようと庭先を散策。緑色のバッタ数匹のほか、全身がピンク色の個体を見つけ、虫籠に入れて飼っている。

 県立博物館の栗原隆(くりはらたかし)主任研究員は「周辺環境の変化や脱皮のたびに比較的見られる幼虫」と説明。島田兄弟は「何か良いことがありそうです」と笑顔で話していた。