日本高校野球連盟(日本高野連)は5日、阪神甲子園球場で9日開幕する第103回全国高校野球選手権大会に出場する選手らを対象にした新型コロナウイルスのPCR検査で、作新学院の部員2人の陽性が確認されたと発表した。集団感染とは判断せず、大会出場は差し止めない。同校は6日に宿舎入り予定で、初戦となる14日の高松商(香川)との2回戦までに計4回のPCR検査を受ける。

 日本高野連によると、指定宿舎入り予定の32人を対象とした2日の検査で2人が陽性判定を受けた。2人はともに無症状で、現在は自宅待機中。ほか30人は4日の検査でも陰性が確認され、保健所も部内に濃厚接触者はいないと判断。これらの状況から日本高野連などは個別感染と判断した。同校では1日の別の検査でも別の部員1人の陽性が確認されていた。

 大会前検査は出場49校の選手や指導者ら計1638人が受け、48校の関係者は全員の陰性が確認された。