オンラインで開かれた第1回ワーキンググループ=16日午前、県庁

若者の投票率低下が問題となる中、県は若年層の投票率向上推進計画(仮称)を2022年度中に策定する。