B1宇都宮ブレックスを運営する栃木ブレックスは16日、同社の関雅樹(せきまさき)会長から第三者割当増資の形式で1億1千万円の出資を受けたことを発表した。

 中長期的な経営基盤安定や、2020年6月期決算で陥った債務超過の解消が目的。これにより、資本金は増資前の9千万円から2億円に引き上げられた。増資は14日のBリーグ理事会で承認されていた。