宇都宮市役所

 宇都宮市は17日、新型コロナウイルスワクチン接種実施本部会議を開き、予約なしで当日接種できる「ぷらっとワクチン」を実施する方針を固めた。10月初旬までに接種対象者の8割が接種できるワクチン量が供給されることから、10月末までの早期接種に向けた取り組みを進める。

 市によると、予約なしの「ぷらっとワクチン」はJR宇都宮駅西口前の商業施設「トナリエ宇都宮」内の市保健センターで集団接種として行う。接種開始日や対象人数などは調整している。同センター周辺は公共交通機関が多く、市民の利便性に配慮した。

 さらに「事業者グループ接種」を17日にスタートさせた。対象は市に住民登録する従業員で、1日6人単位での接種が可能な市内事業者。市は市医師会、商工会議所と連携して事業を周知する。また、市は新たな集団接種会場として、市役所本庁舎14階大会議室やホテル、結婚式場などを活用していくという。

 接種促進を図るため、新聞折り込みチラシのほか、動画も公開する。市役所本庁舎やJR宇都宮駅東西自由通路のモニターなどで動画を放映し接種のメリットを伝える。栃木県の接種率が全国的にも低いという状況を踏まえ、市は「ワクチン接種は市民の経済活動や安心安全を確保する上で最も重要であり、今後も対策を講じていく」としている。