宇都宮市役所

 宇都宮市は19日夜、城山地区市民センターで実施した新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、誤って生理食塩水を最大6人に接種したと発表した。健康への影響はないという。

 市保健所によると、同日午後、ワクチンを生理食塩水で希釈して注射器に充てんする作業の中で、薬剤師が誤って使用済みのワクチンの瓶に生理食塩水を再び入れたことが原因。別の薬剤師が気付いた。作業は3人一組で行われていたが、確認が十分でなかった。

 誤って接種された人は特定できていないが、同日午後2時~2時半ごろに会場内の「診察室2」で接種を受けた14人の中に含まれている。保健所は14人に連絡を取り、今後、本人の希望に応じて抗体検査を行い、抗体が低い場合にはワクチンを接種するという。