» 動画ページへ

稲刈りが進みうず巻き模様になった田んぼ=11日午後3時55分、小山市内、小型無人機から

 稲刈りが終盤を迎えている栃木県小山市内の田園地帯で、不思議な幾何学模様が現れた。

 思川西部の立木、荒川地区で11日、上空から撮影すると、稲刈りを終えた田んぼが渦を巻くような模様に見える。

 同市農政課によると、稲刈り後の田んぼで、畜産農家が利用する稲わらをロール状にまとめる前の状態だという。市内の農家では8月下旬から稲刈りが本格化し、今が最終盤。11月ごろから小麦の作付けが始まるという。