はんだ付けに挑戦する児童たち

 【那須塩原】科学工作教室「エジソンドリーム教室」が9日、東小屋の東那須野公民館で開かれ、近隣の小学生7人が電子オルゴール作りを体験した。

 小学4~6年対象に同館が主催。児童たちは講師らの指導を受けながら真剣な手つきで電子基板に導線をはんだ付けし、スイッチやスピーカーなどを取り付けていった。参加した大原間小5年の牛島隼(うしじまはやと)君(11)は「初めてはんだ付けした。難しいけれど楽しい」と話した。

 同教室では7月下旬、ロボットカーのプログラミングを実施。12月18日には青色発光ダイオード(LED)が点灯するおもちゃを作る予定で、参加者を5人ほど追加募集中。材料費は500円。(問)同館0287・67・1163。