自民党県連の木村好文(きむらよしふみ)幹事長は13日、党本部を訪れ、比例北関東ブロックで1次公認を受けた新人の西川鎭央(にしかわやすお)前県議について、名簿登載順位を「当選可能な上位」とするよう遠藤利明(えんどうとしあき)選対委員長に要望した。木村氏によると、遠藤氏は「できる限り上位になるよう努力する」と応じたという。

 2区では、県連が公募で選出した新人の五十嵐(いがらし)清(きよし)前県議が小選挙区の1次公認を受けた。要望書では「西川氏が比例に回ることで五十嵐氏を支援する体制となり、相互に選挙協力をして両名の当選を目指すこととした」と経緯を説明した。

 会談を終えた木村氏は、報道陣の取材に「全ての選挙区で勝つ形を取っていきたい」と話した。現2区支部長で西川氏の父公也(こうや)元農相から五十嵐氏への支部長交代時期も「一両日中に」(遠藤氏)と伝えられたと明かした。

 2区では立憲民主党現職の福田昭夫(ふくだあきお)氏も立候補を予定している。