第1クオーター、ブレックスのスコット(左)がファールを受けながら得点を決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ

第2クオーター、ブレックスのフォトゥ(中央)がマークを受けながらシュートを決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ

第2クオーター、ブレックスの田臥が速攻からレイアップシュートを決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ

第1クオーター、ブレックスのスコット(左)がファールを受けながら得点を決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ 第2クオーター、ブレックスのフォトゥ(中央)がマークを受けながらシュートを決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ 第2クオーター、ブレックスの田臥が速攻からレイアップシュートを決める=水戸市のアダストリアみとアリーナ

 バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは16日、水戸市のアダストリアみとアリーナで同地区の茨城と対戦し、攻守で圧倒し88-66で快勝した。通算成績は2勝3敗。

 ブレックスは第1クオーターから堅守で相手攻撃を抑え込み、速攻から着々と加点。ジョシュ・スコットを軸にゴール下で圧倒し、前半を43-26で折り返した。

 第3クオーターはアイザック・フォトゥとスコットが2人で計18得点を挙げる活躍を見せて点差を拡大。第4クオーターは喜多川修平の3点シュート、竹内公輔のシュートなどで加点して逃げ切った。

 次戦は17日午後7時5分から、同会場で茨城と対戦する。