任期満了に伴う那珂川町長選は19日告示される。立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、3選を目指す現職福島泰夫(ふくしまやすお)氏(71)=自民、公明推薦=と、新人で元町職員の農業岡哲夫(おかてつお)氏(56)の2人。選挙戦になる可能性がある。投開票日は24日。

 福島氏は「経験、人脈を最大限に生かし町政を担いたい」として、子育て支援住宅開設などの実績を強調。希望者への新型コロナウイルスワクチンの早期接種完了、地域防災組織の設立促進、農業の6次産業化推進などを訴える。

 岡氏は「町政のセンタク(洗濯・選択)をスローガンに掲げる」とし、人口減社会に見合った町財政の再建、那珂川町と那須烏山市の合併による行財政運営の効率化などを主張。2017年の前回町長選で立候補を表明後、取りやめた経緯がある。