自動販売機で商品を買う利用者

 【小山】多くの人が気軽に味わえるよう、城東1丁目の人気ラーメン店「一品香城東店」を営む株式会社「丸麺侍(まるめんさむらい)」はこのほど、自慢のラーメンとギョーザを冷凍食品として購入できる自動販売機を大谷東小近くの雨ケ谷に設置した。

 自動販売機は、セブンイレブン小山大谷東店から東約30メートルの自社敷地に設置。同ラーメン店に近い味が楽しめるよう試行錯誤して開発した冷凍ラーメンと直営店「小山餃子(ぎょうざ)」の冷凍ギョーザを販売している。価格はいずれも千円。ギョーザは1パック10個入りの「大きい餃子」、1パック30個入りの「ひとくち餃子」の2種類。

 同社は2年ほど前から、商品をいつでも購入できるよう自動販売機の設置を模索していた。検討を重ね、小山餃子の工場として今後稼働を予定する雨ケ谷の敷地へ9月末に設置した。

 商品は毎日2回程度、補充しているが、売り切れが多いため設置3日目にして2台目の設置を決めた。2台目は今月下旬に稼働する予定だという。

 同社代表の石田陽介(いしだようすけ)さん(47)は「新型コロナウイルスの影響もあり、お店に来るのをためらう人もいる。誰にも会わず、好きな時に利用できるので安心して使ってほしい」と話した。