舘野知紘さん

自宅で遊ぶ1歳の頃の知紘さん

舘野知紘さんの年表

舘野知紘さん 自宅で遊ぶ1歳の頃の知紘さん 舘野知紘さんの年表

 高校時代にジェンダーフリーファッションを提案するアパレルメーカー「Blanc.C(ブランドットシー)」を起業した舘野知紘(たてのちひろ)さん(19)。今回は知紘さんにも参加してもらい、父俊行(としゆき)さん(56)、母弥生(やよい)さん(57)に子育てを振り返ってもらった。

    ◇    ◇

 俊行さん 知紘は4人きょうだいの末っ子として誕生しました。当時、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」がはやっていたこともあって、主人公の名前にあやかりつつ「知識を広めてほしい」「優しい子に育ってほしい」との思いから「知紘」と名付けました。

 弥生さん 仕事しながら4人の子どもを育てていたので、子どもたちが小さい頃はあわただしい毎日を過ごしていました。知紘も1歳になる前から保育園に通っていたので長男、次男と遊んで過ごしていました。

 外遊びよりも室内で過ごすほうが合っていたようで、折り紙を作ったり、お姫様のビデオを見ていたりしていたかな。大きくなるにつれて保育園に飽きてしまい、外を走り回っていたこともありましたが。

 知紘さん きょうだいに囲まれて育ってきたので、姉や兄たちの影響は大きかったなと思います。その一方で、幼い頃から「他のきょうだいと同じ事をしても存在感がなくなってしまう」という思いもあって、もともと周りと同じことはしたくないとも感じていました。両親からは「勉強しなさい」などと強く言われたことはなく、自分で面白いことを見つけてやることを尊重してくれました。

 俊行さん 自分から「勉強した方が良い」と気付かないと、勉強をしても身に付かないのかなと思いました。親があれこれ言ってやらせるよりもなるべく自分で考えて行動させ、後悔しないように自分で責任が取れるようになってほしいと考えていました。

 弥生さん 幼い頃から自分の世界を築き上げていたので、小学校の勉強はあまり楽しくなかったようで、先生から「授業中に先生の話を聞いていない」と言われたこともありました。やりたくないこと、楽しくないことに対しては最低限しかやらなかったので、夏休みの宿題も2学期の始業式当日の朝までかかっていましたね。知紘は勉強しなくてもあまり困ってなかったようですし、教室で騒いだりすることもなかったようですが、先生は大変だったかなと思います。