» 動画ページへ

湯船に浮かぶたくさんのユズ=14日午後0時20分、日光市鬼怒川温泉大原

 栃木県日光市の鬼怒川・川治温泉郷で18、19の両日に行われる「ゆず湯風呂キャンペーン」を前に、鬼怒川温泉大原の鬼怒川グランドホテル夢の季(とき)で14日、「ゆず湯」が報道陣に公開された。

 キャンペーンは観光客のおもてなしの一環として市観光協会が毎年行っている。25回目の今年は同協会鬼怒川・川治支部に加盟する宿泊施設や日帰り入浴施設など計25カ所が参加し、県産のユズ約3千個が使われる。

 同ホテルの露天風呂には約500個のユズが浮かべられ、湯煙とともに爽やかな香りが広がった。入浴した同協会職員の湧井彩衣(わくいさえ)さん(22)は「ユズの香りがすごく良くて幸せな気分になれる。ゆず湯風呂を楽しんでもらい、観光活性化にもつながればいい」と話していた。