キャンドルの横で記念撮影する親子

 【那須塩原】本町の市まちなか交流センター(愛称・くるる)で18日夕、キャンドル約千個をともすイベント「キャンドルナイト」が開かれた。

 黒磯駅前活性化委員会が主催。新型コロナウイルス禍のため、例年の半分程度に規模を縮小した。同委員会や市内企業など4団体が、屋外広場にキャンドルで飾ったクリスマスツリーやキャンドル入りの瓶を並べたオブジェなどを出展。関係者が一つ一つのキャンドルに点火していくと、揺らめく炎で辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。

 親子で訪れた那須町高久乙、ヨガスタジオ経営野口(のぐち)ルミさん(42)は「見ていて楽しいし、寒い中でも心がほっこりした」と話していた。