笑顔でゲレンデを滑走するサンタたち

笑顔でゲレンデを滑走するサンタたち

笑顔でゲレンデを滑走するサンタたち 笑顔でゲレンデを滑走するサンタたち

 那須町大島のスキー場「マウントジーンズ那須」で25日、今季の営業が始まり、サンタクロースなどに扮(ふん)したスキーヤーとスノーボーダー約100人が一斉滑走してゲレンデをクリスマス一色に染めた。

 この日はサンタ姿の来場者のリフト料金が無料になるため、多くの人が真っ赤な衣装を着用。トナカイやクリスマスツリーの仮装をする人もいた。雪がちらつく中、サンタ集団はゲレンデをゆっくりと滑り降り、「メリークリスマス」と笑顔で手を振った。

 毎年家族と訪れる那須高原小1年の佐藤壮祐(さとうそうすけ)君(6)は「みんなと滑って楽しかったし、いい思い出になった」と話した。

 今季は雪不足で予定より1週間遅れの営業開始となった。現在は初級コースのみ利用でき、年明けの全面オープンを目指している。