特定空き家の解体現場。外壁が崩落し、隣接する住家の一部が破損する被害が出ていた=14日午後、足利市内

増え続ける空き家への対策で急務となっているのが、倒壊などの恐れがある「特定空き家」だ。