» 動画ページへ

幼なじみと記念写真を撮る新成人=9日午前11時10分、日光市本町

 栃木県内の多くの市町で9日、成人式が行われ、晴れ着姿の新成人が新型コロナウイルス対策を講じて式に臨んだ。

 日光市では本町の日光田母沢御用邸記念公園など5会場で行われた。昨年は新型コロナの影響で中止となったため、実施は2年ぶり。新成人703人のうち611人が出席した。

 初めて会場となった同公園の総ヒノキ造りの研修ホールでは粉川昭一(こなかわしょういち)市長が激励の言葉を述べ、新成人代表の同市所野、小山高専5年桑原静(くわはらしず)さん(20)が「これまでお世話になった全ての人に恩返しできるよう、さらに飛躍していきたい」と誓った。

 式典後、新成人は重厚な建物前で写真撮影を楽しんだ。同市所野、大学2年斎藤乃亜(さいとうのあ)さん(20)は「和風の外観など雰囲気がよくて、着物が映えます」と笑顔だった。