コストコの会員証「ゴールドスター」(コストコホールセールジャパン提供)

 会員制倉庫型量販店「コストコ」を運営するコストコホールセールジャパン(川崎市川崎区、ケン・テリオ日本支社長)は、栃木県内在住者限定で初年度の会費を千円割り引くキャンペーンを実施している。今夏を予定する壬生倉庫店(壬生町)のオープンを前に、県内の顧客獲得を図る。キャンペーンは同店オープンの前日まで。

 コストコは、生鮮食品や日用雑貨、家電など幅広い商品を扱い、徹底した経費削減や年会費制度で低価格を実現している。

 県民対象の割引キャンペーンは、全国の既存全30店で受け付けている。入会から即日、全店で利用できるため通常より初年度の有効期限が長い。キャンペーンを利用すると、壬生倉庫店が開店する月から1年後の月末まで利用でき、開店以前の早期に申し込むほど初年度の有効期限が延びる。通常の会員証は、入会月から1年後の月末まで。

 新規入会か、過去に入会したが、有効期限が切れて1年半以上たった18歳以上の県民が対象。通常の個人年会費は、還元率が高い「エグゼクティブ・ゴールドスター」で9900円、通常の「ゴールドスター」で4840円。詳細は、同社ホームページ内の「メンバーシップ」に掲載している。