那須塩原市は18日、市内在住の女性2人にそれぞれのマイナンバーカードを取り違えて送付するミスがあったと発表した。市は2人に謝罪してカードを回収し、個人番号の変更手続きを進めているという。

 市によると、2人は勤務する大田原市内の同じ職場を経由してカード発行を申請。カードを受け取り、間違いに気づいた1人が17日、市に連絡し発覚した。

 送付先が書かれた袋にカードを入れる作業を市職員1人で行ったことが原因とみられる。市のマニュアルでは2人態勢で行うが、当時は1人が電話対応で外していた。市は発送作業のマニュアルや手順を見直し、再発防止を徹底する方針。