宇都宮市役所

 【宇都宮】新型コロナウイルス感染症が急拡大する中、市が当初の予定を前倒しして25~31日に東武宇都宮百貨店で実施する一般高齢者対象の3回目ワクチンの集団接種予約が、1425人分の枠に対して約1割にとどまっていることが23日、分かった。市保健所は「十分な空きがあるので、早期接種を希望される方はぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。

 市は17日、昨年6月20日以前に2回目接種を受けた約2万1500人に3回目の接種券を発送。21日に予約受け付けを始めた。

 3回目接種は2月1日から市内の医療機関での個別接種や公共施設での集団接種が本格化する。これに先立ち、市は今月25日から同百貨店で集団接種を行うことも決めた。

 集団接種では米モデルナ製のワクチンを使用する。1、2回目の接種では米ファイザー製を接種した高齢者が多く、3回目も同社製の希望者が多いとみられる。市保健所は「モデルナ製でも発症予防や重症化予防効果は変わりない。1、2回目と比べて発熱や疲労などの副反応も少ないと報告されている」として理解を求めている。

 コールセンターでの電話予約のほか、予約サイトでのウェブ予約も受け付けている。ウェブ予約は、市役所や各地区市民センターでも行える。