» 動画ページへ

開山祭で神事を執り行う神職ら=8日午前10時5分、那須町湯本

登頂の記念に写真撮影をする登山客ら=8日午後0時15分

開山祭で神事を執り行う神職ら=8日午前10時5分、那須町湯本 登頂の記念に写真撮影をする登山客ら=8日午後0時15分

 登山シーズンの幕開けを告げる「那須嶽神社開山祭」が8日、栃木県那須町湯本の「那須ロープウェイ」山麓駅で開かれた。神事が執り行われ、登山客ら約50人が山の安全を祈った。

 那須温泉神社の人見文治(ひとみふみはる)宮司(57)が祝詞を読み上げ、山岳関係者ら3人が玉串をささげた。風速25メートルを超える強風で、山頂方面に向かうロープウエーの運行が一時休止となり、恒例の那須岳山頂(茶臼岳、1915メートル)での開催は見送られた。

 ロープウエーの休止に伴い、登山客は麓から山頂を目指した。強い風が吹き、雪が10センチほど残る登山道を進み、山頂では絶景を写真に収めるなどしていた。

 妻と登頂したさいたま市浦和区常盤、会社員小野寺誠(おのでらまこと)さん(60)は「強風に負けないで良かった。初めて来たが、いい眺めだ」と話した。