大田原市役所

 【大田原】4月の市内の新型コロナウイルス感染者数は752人に上り、1カ月当たりで過去最多となったことが16日分かった。このうち30代以下が72.9%で、若年層に感染が広がっている。同日開かれた市議会全員協議会で相馬憲一(そうまけんいち)市長が明らかにした。

 市健康政策課によると、1日当たりの最多は4月19日の64人。今年に入り急増し、1月175人、2月452人、3月453人。相馬市長は「若い世代の増加が目立つ。引き続き感染拡大防止の取り組みを実施していきたい」と話した。

 全員協議会では、ウクライナ支援のため議員総出で4月24日に行った街頭募金活動などで計43万3748円が集まったことも報告された。今月17日に日本赤十字社へ入金する予定。