若菜英晴氏

 下野新聞社は17日、取締役会を開き、任期満了に伴う次期役員体制を内定した。代表取締役社長に若菜英晴(わかなえいせい)毎日新聞社取締役が就任し、岸本卓也(きしもとたくや)代表取締役社長は代表取締役会長となる。6月17日の株主総会と取締役会で決定する。

 関根文夫(せきねふみお)常務取締役は専務取締役に、江田和宏(えだかずひろ)取締役は常務取締役に昇任する。新たに高島信雄(たかしまのぶお)顧問、町田明久(まちだあきひさ)役員待遇編集局長、鈴木和芳(すずきかずよし)経営管理局長が取締役に就任する。

 若菜新社長は1982年、毎日新聞社に入社。2006年大阪本社社会部長兼環境部長、12年大阪本社編集局長、14年社長室長を経て15年から執行役員、20年から取締役となり、中部代表や西部本社代表などを務めた。22年4月から同社取締役。東京都出身。早稲田大政経学部卒。62歳。